ドラマ「君が心をくれたから」見逃し配信で視聴する方法はこちら

目次

「君が心をくれたから」見逃し配信

Tver

【最新話】

第6話(2月12日放送分)は、2月19日(月)21時終了予定

ただいまTverでは「第1話~第3話」の他、ダイジェストも無料配信中

FOD

【最新話】

第6話(2月12日放送分)は、2024年2月19日21時終了予定

ただいまFODでは「第1話~第3話」まで無料配信中

「君が心をくれたから」の最新話口コミ

https://twitter.com/tomato2tmt/status/1752261090753601981?s=20

「君が心をくれたから」の視聴率

  • 第1話(2024年1月8日): 赤い傘と花火の約束 – 視聴率 7.2%
  • 第2話(2024年1月15日): マカロンは恋と夢の味 – 視聴率 5.8%
  • 第3話(2024年1月22日): 初恋の想い出 – 視聴率 5.6%
  • 第4話(2024年1月29日): 青い春の香り – 視聴率 5.4%
  • 第5話(2024年2月5日): すべて魔法のせいにして – 視聴率 5.3%
  • 第6話(2024年2月12日): 声の手ざわり – 視聴率 6.2%

「君が心をくれたから」のあらすじ

逢原雨(永野芽郁)は、悲しい過去から自信を失い、人に心を開けないままでいた。しかし、故郷・長崎に戻ったある日、高校時代の先輩である朝野太陽(山田裕貴)と再会する。だが、太陽は交通事故に遭い、亡くなってしまう。悲しみに暮れる雨の前に、あの世からの案内人が現れ、「心を差し出す」ことで奇跡を起こすと告げる。しかし、その条件は雨にとって過酷なものだった。2016年2月、卒業式を控えた逢原雨(永野芽郁)は、東京での一人暮らしの準備のため、朝野太陽(山田裕貴)とショッピングセンターに行く。太陽は雨に「卒業記念に何か欲しいものはないか」と尋ねる。長崎を舞台にしたファンタジーラブストーリーで、永野芽郁がフジテレビドラマで初主演を務める。

「君が心をくれたから」のキャスト&相関図

  • 逢原雨(あいはら・あめ、26歳): 永野芽郁
    過去の経験から自信を失っている女性。高校時代に太陽と親しくなり、彼との思い出を大切にしている。
  • 朝野太陽(あさの・たいよう、28歳): 山田裕貴
    花火師を目指す明るく前向きな男性。雨に対して特別な感情を抱いている。
  • 日下(くさか): 斎藤 工
    雨に奇跡を提示するあの世からの案内人。謎めいた存在。
  • 千秋(ちあき): 松本若菜
    日下と共にあの世からやってきた案内人。雨に対して思いやりを見せる。
  • 朝野陽平(あさの・ようへい、59歳): 遠藤憲一
    太陽の父であり花火師。厳しいが、息子の成長を願っている。
  • 逢原雪乃(あいはら・ゆきの、67歳): 余貴美子
    雨の祖母。明るくおおらかな性格で、雨を支える。
  • 逢原霞美(あいはら・かすみ、46歳):真飛聖
    雨の母親。雨がパティシエを目指すきっかけとなる。
  • 朝野春陽(あさの・はるひ、23歳): 出口夏希
    太陽の妹。明るく陽気な性格で、兄を気遣う。
  • 望田司(もちだ・つかさ、33歳): 白洲迅
    長崎市役所で働く青年。雨に対して恋心を抱くが、彼女の心は太陽に向いていることに気づく。

「君が心をくれたから」の主題歌

  • 何色でもない花/宇多田ヒカル
  • 作詞・作曲:宇多田ヒカル

主題歌「何色でもない花」は宇多田ヒカルが主題歌として書き下ろした楽曲で、ドラマの幻想的で切ない物語を彩るのにふさわしい感動的なバラードです。宇多田ヒカルの深い感情表現と独特の歌声が、ドラマの主人公たちが直面する過酷な運命と、それでもなお芽生える希望と愛の物語を力強く支えています。長崎の美しい風景と共に、登場人物たちの心情を繊細に描き出す「何色でもない花」は、視聴者の心に深く響く一曲となっています。

「君が心をくれたから」公式サイト/公式SNS

公式サイト

https://www.fujitv.co.jp/kimikoko/index.html

公式X

公式Instagram

公式Tik Tok

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次