話題のバブリーダンスMVの完成度がすごすぎて主婦もビックリ!!


バブリーダンスが話題ですね。
Youtubeはもうご覧になりましたか?
まだ見ていない方のために説明すると、バブリーダンスとは、大阪府立登美丘高校ダンス部による作品で、「第10回日本高校ダンス部選手権(ダンススタジアム)」で準優勝を獲得したダンスのことです。

ダンススタジアムで過去に二度優勝しており、三度目の優勝は彼女たちの悲願であったわけなんですが、残念ながら準優勝の結果となりました。
しかしながら、その作品の映像がネットにアップされるとその独創性とダンス技術の高さがあっという間に話題になり、SNSなどで拡散されまくりました。
同校はバブリーダンスは80年代へのオマージュがそこかしこに織り込まれており、ダンサーたちは平野ノラのような肩パッドのジャケットにミニスカートをまとい、前髪カールのストレートロングヘア。
表情は工藤静香の眉をまねて困り顔のような表情を全員で統一。
このビジュアルだけでもインパクトありすぎなのですが、荻野目慶子のダンシングヒーローにのせて踊るダンスがキレキレでまたすごいパワフルなのです。
そしてこのバブリーダンスのMVが制作され、そのクオリティの高さに絶賛の嵐が寄せられているんです。
登美丘高校ダンス部は甲子園のCMに出演したりイベントに呼ばれたりと、今やちょっとした有名人のようになっています。
彼女たちを取材した特集もたくさんテレビで放送されました。
夏休みは1日9時間の練習で、鬼のように厳しいコーチの指導と、優勝のプレッシャーと闘いながら、自分たちを信じて邁進する姿に誰もが心を動かされたことと思います。
彼女たちの頑張りやお客さんを楽しませようとする姿勢を見ているとすがすがしい気持ちにすらなります!本当に素晴らしい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次